山桃の最近のブログ記事

ヤマモモ(山桃)は、昔山奥に生え、桃のような真っ赤な果実をつけるため、命名されたとされています。別名、楊梅(ようばい)、山桜桃などとも呼ばれます。十六山桃(別名:徳島山桃、十六楊梅)は、南国徳島の特産である山桃です。やまももの中では最大級の大きさを誇る500円玉くらいの大実種。赤い果汁がタップリで果実種や生食、お菓子に最適です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓
http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr113/1076017

 

≪関連記事 ヤマモモ≫

  http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/cat39/

≪関連記事 果樹苗≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/

ヤマモモ(山桃)は、昔山奥に生え、桃のような真っ赤な果実をつけるため、命名されたとされています。別名、楊梅(ようばい)、山桜桃などとも呼ばれます。白実山桃(別名:白桃)は、ピンク色の皮を持つ珍しい山桃で、江戸時代から伝わる幻の白い山桃。(白といっても桃色です) 日持ちがするので昔から重宝され甘さ、風味ともに格別です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr113/1076424

 

≪関連記事 ヤマモモ≫
   http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/cat39/

≪関連記事 果樹苗≫ 

  http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/

ヤマモモ(山桃)は、昔山奥に生え、桃のような真っ赤な果実をつけるため、命名されたとされています。別名、楊梅(ようばい)、山桜桃などとも呼ばれます。ヤマモモは雌雄異株ですが、町中の街路樹や公園に植えられているヤマモモは雄木の場合がほとんどで、受粉には問題ありません。瑞光(ズイコウ)は甘味が多くやや酸味が多い品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr113/323105

 

≪関連記事 ヤマモモ≫

  http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/cat39/

≪関連記事 果樹苗≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/

ヤマモモ(山桃)は、昔山奥に生え、桃のような真っ赤な果実をつけるため、命名されたとされています。別名、楊梅(ようばい)、山桜桃などとも呼ばれます。ヤマモモは雌雄異株ですが、町中の街路樹や公園に植えられているヤマモモは雄木の場合がほとんどで、受粉には問題ありません。森口は甘味が多く酸味の少ない大玉(10g程度)品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr113/962579

 

≪関連記事 ヤマモモ≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/cat39/

≪関連記事 果樹苗≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat5/

ガーデニング大辞典

カテゴリ