山野草の最近のブログ記事

メコノプシスは、ヒマラヤの青いケシとして有名な植物で、ヒマラヤや中央アジアなどの高山地帯に自生する植物です。
品種名:grandis(グランディス) *ベトニキフォリアよりも花も草丈も大きく、暑さに弱い種類です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr722/1013751

 

≪関連記事 メコノプシス≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat232/

≪関連記事 山野草≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

メコノプシスは、ヒマラヤの青いケシとして有名な植物で、ヒマラヤや中央アジアなどの高山地帯に自生する植物です。
品種名:betonioifolia(ベトニキフォーリア,ベトニキフォリア )

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr722/1079586

 

≪関連記事 メコノプシス≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat232/

≪関連記事 山野草≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

メコノプシスは、ヒマラヤの青いケシとして有名な植物で、ヒマラヤや中央アジアなどの高山地帯に自生する植物です。インテグリフォーリア(インテグリフォリア、Meconopsis integrifolia )は、花色は、薄い黄色の入ったレモン色(又は乳白色)で大輪の花を咲かせます。環境によって黄色が強く出る場合もあります。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr722/1079586

 

≪関連記事 メコノプシス≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat232/

≪関連記事 山野草≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

サギソウは、純白の美しい花の形が、白鷺に似ていることから命名された、とても人気のある野生ランの一種です。花は同じですが、葉に白や黄色の斑が入るサギ草があり、愛好家も多い人気品種です。
サギ草(鷺草):サギ草 ポット植え (金河 2球)は、葉が金色(クリームイエロー)の斑入葉(覆輪葉)でとても珍しい品種。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/1079317

 

≪関連記事 サギ草≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat172/

≪関連記事 山野草≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

福寿草は、お正月の寄せ植えなどで親しまれている春を象徴する美しい花ですが、自然界では2月頃より開花します。太陽の光がある時だけ開花し、曇りの日や夜は開花しない面白い花です。
福寿草:紅撫子(ベニナデシコ)は花びらの先端にギザギザの切れ目が入るオレンジ色の美しい福寿草です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/1079147

 

≪関連記事 福寿草≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat173/

≪関連記事 山野草≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

クレマチスは、世界各地の存在しツル性植物の女王とも呼ばれている植物です。日本では、ハンショウヅルやセンニンソウ、カザグルマなどが存在し、大型の交配品種に比べて小型の花も好まれています。また常緑性のクレマチスも存在する。
クレマチス:黄花ハンショウズル タングチカ(クレマチス)

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/1041260

 

≪関連記事 クレマチス≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat176/

≪関連記事 山野草≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

ホトトギス(ほととぎす)は、山野草の中では日本で特に有名で様々な種類が存在します。東南アジアや日本に存在し、その半数近くが日本固有種とされています。
ホトトギス(ほととぎす)大納言ミニホトトギス

 

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr703/1079339

 

≪関連記事 ホトトギス≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat169/

≪関連記事 山野草≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

 

すみれ(スミレ)は、パンジーやビオラと同じ仲間ですが、日本などを原産とする山野草の一種で、早春を彩る可憐で可愛らしい小さな花がとても魅力的な草花です。
スミレ(すみれ)ノジスミレ

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr717/1079200

 

≪関連記事 スミレ≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat175/

≪関連記事 山野草≫ 

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

ホタルブクロ(蛍袋)は、その昔、捕まえたホタルを子供たちが花の中にいれて遊んだことから、蛍袋(ホタルブクロ)と名づけられたといわれている山野草です。育てやすく、また切り花やお茶花としても利用されることから人気のある山野草です。
山蛍袋(ヤマホタルブクロ)は、日本在来の原種ホタル袋

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr704/1079224

 

≪関連記事 ホタルブクロ≫

 http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/cat168/

≪関連記事 山野草≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat29/

 

ガーデニング大辞典

カテゴリ