屋久杉の最近のブログ記事

30年位育てた屋久杉から採取しました 屋久杉ちゃぼの挿し木セットです。
挿し木ファンならずとも初心者の方でも簡単に育てる事ができます。
それ位、屋久杉には特殊な生命力がある神秘的な植物ですので、挿し木が簡単です。1年を通して栽培可能ですので、皆様も挑戦してみては如何でしょうか?

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1044444

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

10年位育てた屋久杉から採取しました 屋久杉の挿し木セットです。挿し木ファンならずとも初心者の方でも簡単に育てる事ができます。それ位、屋久杉には特殊な生命力がある神秘的な植物ですので、挿し木が簡単です。
1年を通して栽培可能ですので、皆様も挑戦してみては如何でしょうか?

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1044443

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

【必要なものは全て揃っています】 屋久杉栽培セット

とても貴重な屋久杉の栽培キットです。
遠い太古の昔に思いを馳せながら、屋久杉を栽培してみませんか?

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1013903

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎こちらの品種は、屋久杉が突然変異した「屋久杉ちゃぼ」です。樹形がパーマネントをかけたような感じの形状で、樹齢が高くなるに従って 半円球形となり上への成長が止まります。枝は短く枝角が大きいです。分枝性も極めて強く、枝付き密度も高いので、成長するほどに全体にちりめん状態になります。樹皮は褐色、針葉は夏には濃緑色・冬にはやや赤褐色になります。耐寒性・耐風性に優れております。庭植えには最適な品種ではないでしょうか。

 

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1013897

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎こちらの品種は、屋久杉が突然変異した「屋久杉ちゃぼ」です。樹形がパーマネントをかけたような感じの形状で、樹齢が高くなるに従って 半円球形となり上への成長が止まります。枝は短く枝角が大きいです。分枝性も極めて強く、枝付き密度も高いので、成長するほどに全体にちりめん状態になります。樹皮は褐色、針葉は夏には濃緑色・冬にはやや赤褐色になります。耐寒性・耐風性に優れております。庭植えには最適な品種ではないでしょうか。

 

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1079122

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎こちらの品種は、屋久杉が突然変異した「屋久杉ちゃぼ」です。樹形がパーマネントをかけたような感じの形状で、樹齢が高くなるに従って 半円球形となり上への成長が止まります。枝は短く枝角が大きいです。分枝性も極めて強く、枝付き密度も高いので、成長するほどに全体にちりめん状態になります。樹皮は褐色、針葉は夏には濃緑色・冬にはやや赤褐色になります。耐寒性・耐風性に優れております。庭植えには最適な品種ではないでしょうか。

 

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1079121

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎こちらの品種は、屋久杉が突然変異した「屋久杉ちゃぼ」です。樹形がパーマネントをかけたような感じの形状で、樹齢が高くなるに従って 半円球形となり上への成長が止まります。枝は短く枝角が大きいです。分枝性も極めて強く、枝付き密度も高いので、成長するほどに全体にちりめん状態になります。樹皮は褐色、針葉は夏には濃緑色・冬にはやや赤褐色になります。耐寒性・耐風性に優れております。庭植えには最適な品種ではないでしょうか。

 

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1079120

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎屋久杉の突然変異から生まれた「屋久杉翁、ヤクスギオキナ」。屋久杉とも葉の形状は異なり、また成長しても5メートル程度で 収まるため家庭での栽培・鑑賞に適している品種です。通常一般では入手不可能な品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1005606

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎屋久杉の突然変異から生まれた「屋久杉翁、ヤクスギオキナ」。屋久杉とも葉の形状は異なり、また成長しても5メートル程度で 収まるため家庭での栽培・鑑賞に適している品種です。通常一般では入手不可能な品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1005594

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

屋久杉は、鹿児島県屋久島に自生するスギのことで、現在は伐採が一切禁止されており、大変貴重な品種となっております。
その屋久杉を、丹精こめて種から育てあげている一品です。
◆屋久杉の特徴について◆
日本に生息する杉は、日本海岸沿いに分布する杉をウラスギ、太平洋側に生息する杉をオモテスギと呼ばれ2種類に分かれます。
屋久島の杉は、いずれにも属さない南方系の杉に分別されます。弊社で育てております屋久杉は、屋久島で生息する屋久杉の種子から育てあげた正真正銘の屋久杉の子孫です。屋久杉は、通常の杉とまったく形状(葉・茎など)が異なります。杉をご存知の方なら見比べれば、一目瞭然に違いがわかります。屋久島にいる屋久島猿・屋久島鹿などから身を守るために独特なとげがあります。通常の杉だと触っても痛くありませんが、屋久杉は痛くて触れません。
◎屋久杉の突然変異から生まれた「屋久杉翁、ヤクスギオキナ」。屋久杉とも葉の形状は異なり、また成長しても5メートル程度で 収まるため家庭での栽培・鑑賞に適している品種です。通常一般では入手不可能な品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr1202/1011471

 

≪関連記事 屋久杉≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat208/

≪関連記事 花木・庭木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

ガーデニング大辞典

カテゴリ