クチナシの最近のブログ記事

タヒチクチナシは、ティアレ・タヒチ(タヒチニアン・ガーデニア)とも呼ばれ、フレンチポリネシアの国花です。南国タヒチのシンボルであるこの純白の美しい花は、エアタヒチの機体にも描かれています。日本でも有名なクチナシの一種ですが、タヒチの固有種でとても珍しい品種です。細長い花弁の数は個体により異なり、5?8弁と言われています。中で珍しい8弁のティアレタヒチは、見つけた人に幸運を運んでくるといわれています。花は甘い香りを放ち、首に下げるレイや髪飾りなどに利用され、また、コスメティックオイルなどにもよく利用されています。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/990194

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
八重咲きクチナシは、美しい八重咲き品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/1052260

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
黄花クチナシは、美しい黄色のクチナシです。咲き始めは白色ですが、2?3日で黄色の変わります。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/1052261

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
大輪八重咲きクチナシは、大花大輪の八重咲き品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/1054851

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
実成クチナシ(ミナリクチナシ)は、花後に実がなるクチナシ品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/1057694

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
実成クチナシ(ミナリクチナシ)は、花後に実がなるクチナシ品種です。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/956460

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

クチナシ(梔子)は、秋頃に成る赤黄色の実が、熟しても割れないことから「口無し」と呼ばれるようになったとされている植物です。夏の初めに咲く花は、とても香が良く人気の品種です。果実は山梔子と呼ばれ生薬の一つとして漢方薬などに使われています。
斑入り葉姫クチナシ(フイリハヒメクチナシ)は、葉が他のクチナシに比べて小さく、美しい斑入りの葉が特徴です。花は小さな純白の一重咲きです。

 

さらに詳しい情報、育て方、価格(値段)等はこちら ↓

http://www.nihonkaki.com/fs/nihonkaki/gr336/1079160

 

≪関連記事 クチナシ≫

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/cat198/

≪関連記事 庭木・花木≫ 

http://service.nihonkaki.com/blog/cat25/

ガーデニング大辞典

カテゴリ